フォトグラファー
石賀 美紀子ブログ

NHK全国放送『ジブ5時』を終えて

2022.03

いつもGiveseedをご支援頂きありがとうございます。

本日3月10日、NHK全国放送『ジブ5時』にて当社代表の大塚が紹介されました。

国会中継延長などで再三に渡り放送日が延期となっておりましたが、

その度に「待ってるよ!録画したからいつでも大丈夫!」などど温かい

メッセージを下さる方もいて本当に有難うございます。

先程無事に放送が終わり、「見たよ!涙がでた!」「感動しかない!」

「本当に大塚さんは凄い人だなあ」と私のもとにも沢山のメッセージが届きました。

ここで私なりにこの放送を機に残したいことがあったのでブログに綴ってみました。

 

NHK鳥取放送後のインスタライブにて

今回の全国放送は、先にNHK鳥取版で放送された内容を更に集約した内容でありました。

そのNHK鳥取版で放送された日のことを私は忘れられません。

その日、放送後に大塚はインスタライブでご覧頂いた皆様に感謝を伝えておりました。

沢山の方から激励のメッセージを受けながら、この撮影に対する想いや秘話などを

語っていた時、お店の電話が鳴りました。

ライブ中だったのですが、その電話を取らせて頂くと・・

新婦お父様からの電話だったのです。

 

新婦父からの電話

その内容はライブ配信をご覧頂いてた方は一緒に聞かれたと思います。

お父さんからはただただ、ありがとうという感謝の言葉でした。

 

「こんな僕なんかのために、あんな打合せまでしてもらってたみたいで・・」

 

とお父様のおっしゃった一言が私はとても印象に残っています。

撮影当日までのお二人と大塚との打合せ風景も放送され、

その中に新婦さんのお父さんへの想いが残されていました。

放送を見たお父様は、その映像で初めて娘の自分に対する想いを知り、

そしてあの当日があったのだと理解なさったのです。

そして、その想いを大塚に伝えたいとわざわざお電話を下さいました。

私は、そのライブ配信を自宅で見ていたのですが、

お父様の一言一言が深く、そして温かく心にしみました。

NHK放送

この写真は私の中でとても印象的な一枚です。

当日、この場所に私はいませんでしたが空気感や心の温度は

とても伝わってきます。カメラ目線の写真では伝わらないその瞬間がそこにある。

大塚の捉える一瞬は、「見えないものを残す」一瞬なのです。

 

その一瞬をつくりだすのはそこに映るひとたち

大塚はその一瞬を逃さない素晴らしい写心家だと私も思います。

それと同時に、その瞬間を作り出しているのはそこに映る人たちだとも思っています。

どれほど感動するシーンを残してあげたいとカメラマンが思っても、

ご本人たちの心の温度が高まらなければその瞬間はやってきません。

大塚やGiveseedが大切にしているのは、「空気感」「心の温度」です。

そしてその心の温度が未来へのメッセージに繋がると私達は信じています。

 

未来につながるきっかけつくり

撮影の当日、大塚の言葉がきっかけで伝えられなかった想いを声を震わせながら伝えた新婦さん。

それを見守っていらっしゃった新郎さん。

その場にいた人、一人一人の心になにかのきっかけの種が蒔かれたはずです。

それは未来に繋がる大切な種で、この撮影をきっかけに新たな家族の絆が

始まることが大塚、そして私達Giveseedの想いでもあります。

「あなたとあなたの大切な人に笑顔の花が咲きますように」

これはGiveseedが大切にしている言葉。社名のごとく幸せの種まきなのです。

 

撮影の日をきっかけに、よく話をするようになった、記念日に贈り物が届くようになった

以前とは違う家族が今ある。という声も沢山頂きます。そんな嬉しい報告を聞くたびに、嬉しくなります。

Giveseedがお届けするフォトウェディングは二人の「結婚式」です。

家族だけの時間だからこそ、等身大での言葉を伝えられます。

家族だけの時間だからこその感動があります。

一人でも多くの新婦新婦さん、そしてそのご家族にGiveseedの想いが届いてくれることを願います。

鳥取砂丘

テレビで放送されるとなれば、嬉しさだけではなく恥ずかしさもあります。

ましてや、家族のこと、娘の結婚の様子となれば色々躊躇してしまうものです。

こうして放送にご協力頂けるのは当たり前ではなく、

「大塚さんのためなら」といってご協力下さることに心から感謝しております。

 

新郎新婦さん、そしてご両家のご家族の皆様、本当にありがとうございました。

また、素敵な内容にまとめて放送してくださったNHKの皆様に心から感謝申し上げます。

これからもGiveseedは幸せの種まきを続けます。