私たちの特別なスタジオ

ACHIEVMENT

撮影事例

結婚式
私たちの特別なスタジオ
U 様

「2人の思い出の場所なんでしょ?したらいいじゃん!絶対できる!協力するよ。」

わたし達の出会いは一緒に大山登山をしたことでした。

その日は初めて星空を見上げながら登り、初めて大山から日の出を拝んだ登山でした。

そのとき一緒に登山した方が撮ってくれた写真があります。

なんか見つめ合って指輪でも交換しているみたい…。

そこからわたし達の時間が動き出しました。

前撮りなんて、一生の中でそう機会のないこと。

よく写真で見るような教会やスタジオじゃなく、2人の特別な思い出のある場所

大山の山頂で前撮りがしたい!!

でも・・本当に大山山頂で前撮りなんてできるの?どうやってするの?大丈夫?

ドレスは?荷物は?カメラマンさんは?…最初、奥さんは間違いなくそう思っていました。

 

「2人の思い出の場所なんでしょ?したらいいじゃん!絶対できる!協力するよ。」

大塚さんの言葉に背中を押され、大山山頂での前撮りをすることを決めました。

それからの奥さんの気合いの入れようは半端なかったです。

大塚さん達と、前撮りの2カ月前に下見を兼ねて一緒に登ってみることもしました。

目指すは中国地方で一番高い山、大山。標高は約1700m。

実はこの大山、段差がまちまちで沢山あるため、ここを登れたら富士山は楽に登れるし、

富士山より登るのキツイんです。登り2時間半、下り2時間、山頂で2時間ほど過ごしました。

それにも関らず、しんどい顔や疲れた言葉の一つもなくしっかり写真のイメージを固めて下さいました。

本当に楽しく、あっという間に時間が流れていきました。

わたし達は何度か登っていましたが、新しい発見想い出となった登山となりました。

 

そして前撮り当日…

その月のその週のその日曜だけ、見事に雨予報。なんとか天気がもってくれてくれました。

終わって帰るときになって雨が降ってきました。

 

室内だと気付きにくいかもしれませんが、写真の機材って色々あって、シーンや距離感によって、

カメラやレンズが違ったりします。山頂では電源がなく、バッテリーも必要です。

しかも1700m上に歩いて運ぶとなるとまた大変。

それでも、たくさんの仲間の協力もあり、たくさん素敵な写真が撮れました。

2度とできないかもしれません。本当にありがとうございます!

晴れた空の下での撮影ではなかったですが、

その日のコンディションの中、その日一番のベストな空間が撮れたと思います。

わたし達の出会いの写真に似せた写真も撮っていただきました。

また大塚さんはこんなことを言っておられました。

 

「地球がスタジオ」

わたし達2人にとって、思い出の場所な大山=特別なスタジオでした。

どんな所だって、どこだって2人の特別なスタジオになる。

おかげで一生の宝になる写真、心のこもった「写心」を撮ってもらうことができました。

大変、大変ありがとうございました!!

 

※お客様のお手紙より